Lake District Hiking Trip [Day3]

Lake District Hiking trip [Day3]

この時期のイギリスは朝4時に夜が明けて日没は22時頃。1日をとにかく長く遊べる最高の季節だ。 Day3、この日は朝5時に歩き出したがすでに青々とした気持ちの良い空が広がっていた。 この2日間は当初の計画と予想に比べてわりとタフな行程できていたのもあって身体にも多少疲れを感じている。また今回は距離もタイムもあまり気にしないでまずはイギリスの大自然やフットパス文化を歩きながら感じたかったので無理にストイックに攻めなくてもいいだろう。ということで相方とも即決でこの日は「登山的」なコースを避けてアップダウンの少ない谷間を進むCumbria…

read more
Lake District Hiking Trip [Day2]

Lake District Hiking trip [Day2]

2日目は朝6時過ぎに起床。昨日とはうって変わって穏やかな快晴。 朝食はULTRA LUNCHのビバークレション海苔茶漬け味とホテルの売店で買ったKendal…

read more
Lake District Hiking Trip [Day1]

Lake District Hiking trip [Day1]

ハイキングトリップ初日のスタートはあいにくの雨。。 現地の天気予報を見ても3日間とも曇雨みたいな感じでいまいちテンションが上がらないのだが、このままハイキングをやめて3日間の観光なんてもっとテンションが上がらないので、とりあえず行ってみましょうということで、車をGreat Langdaleという地域のOld…

read more
Lake District Hiking Trip [Introduction]

Lake District Hiking trip [Introduction]

今回の訪英ではOMMのブランドミーティングが終わった後に、ムーンライトギアの新商品のテストも兼ねた2泊3日のハイキングトリップを計画していた。 ここ数年ムーンライトギアではウルトラライトハイキングのTIPSをベースに、装備を大胆に軽量化・コンパクト化することによって新たに生まれる「可能性」を模索するように、ファストパッキングやバイクパッキングなどに熱中して取り組んできた。これらのスタイルは日本はもちろん世界にもあまり教科書的な存在になる情報源もほとんどなかったし、だからこそ装備、計画、場所、すべてにおいて自分たち自身で手探りで追求していく面白さもあった。(この両スタイルはまだ言葉が先行している感もある。実際の面白さや魅力やなによりこの日本の山や自然にあった遊び方をもっと深く追求出来るし、それを伝えていく必要を感じている。) と、この調子だと話しが本題からそれて行ってしまいそうなので、このあたりの話はまたいつか機会があればこのブログでも触れて見ようと思う。要するにここ数年はそんな事情もあって図らずとも幾分かの距離があった自分たちMoonlightgearの原点でもあるハイキングを、今だからこそ頭の中を空っぽにして感じてみたいと思い今回のUKトリップに向かった。…

read more
UK滞在記  その2

UK滞在記 その2

毎年2回シーズン春夏と秋冬のシーズンごとに行われるOMMのブランドミーティング。 もう何度も参加しているがUKチームの人を迎える温かな心意気にはいつも胸を打たれるし、契約当初からずっと彼らが言い続けている「OMMというファミリーの一員として一緒にやっていこう。」という言葉どおり、仕事、プライベートにかかわらず本当にファミリーとして接してくれる彼らと過ごすこの3日間は自分にとっても一年の中でもっとも大切な時間になっている。OMMの本社はイギリスの中西部Lancasterという地域にある。イギリス屈指の観光エリアとしても有名なLake District(湖水地方)がすぐ近くにありこれまでは毎回この本社でブランドミーティングを行ってきたが今回だけは何か様子が違うらしく事前のアナウンスも日程とマンチェスター空港に来てほしいとうことだけ。…

read more
UK滞在記  その1

UK滞在記 その1

昨日から代理店をしているOMMのブランドミーティングのためにイギリス中部のレイクディストリクト近くのケンダルという街に来ている。 今日は中日で、明日から始まるブランドミーティングに備えて、この街に住んでいるOMM CEOのトムの自宅でデスクワークしたり街を散歩したりゆっくしている。…

read more
宮古島SURFTRIP

宮古島SURFTRIP

このGWに2年ぶりに宮古島でサーフィンをしてきた。 前回よりもウネリのタイミングがよくサイズは十分にあったが、同時に潮が少ないタイミングにも当たったためボトムがかなり浅く波もかなりボローな速いレフトオンリーのブレイクだった。サイズもセットアタマ近くありウネリもかなりヨレて割れてくるクセの強いブレイクでもあったので、はじめからナメてかからずしっかり慎重にいったつもりでも最初のテイクオフで久しぶりに派手なパーリングをくらいリーフに尻を強打。さっそく宮古島の洗礼を受ける。 やはり慎重にいったつもりでもどこか浮足立っていたのか?このブレイクの速さだと今よりもっと早くパドルを仕掛けないとまた速くホレた波に捕まってしまうぞ。と再度ゲットアウトしながら頭の中でたった今の失敗を考える。…

read more
宝剣岳

宝剣岳

今日から少しずつのペースになると思いますが、仕事のこと、プライベート(おもに遊びのこと)など、このブログで綴っていきたいと思います。 ※写真は昨年のOMM JAPAN…

read more