P7304131

UK イギリス Surf Trip 2019 [ ep.3 ]

5日目、前日夜から今朝にかけて大きめの低気圧がヒットしたコーンウォール南西部。
そのおかげで波のサイズは上がっているが同時にこの低気圧通過の影響で強い北西風が一日吹く予報。
ということで西海岸側は全般的に厳しいコンディションと予測。

ただこの時期普段あまり波が立たないコーンウォール南側の海岸線でもしかすると波が割れてるかも?
しかも北西風もオフショアでかわすとみて、ここは思い切って南側へ行こう!と前日夜に判断して夜明けと同時にキャンプサイトを出発。

車を走らせ40分ほどでペンザンスという海沿いの街に出てさらにそこから南のほうへと向かう途中、
たまたま高台になって海が見える道から湾内に綺麗なラインナップで入ってくる波を発見。
しかも風もオフショアで海面も整ったいい感じの腹胸サイズ!

すぐに車をUターンさせ近くの駐車場を見つけて、即効でウエットスーツに着替えてエントリーする。
先行サーファーはわずか2人。
はやる気持ちをぐっと堪えてアウトまでゆっくりとパドルして、まずは先行者2人にハロー!と挨拶をする。
先行者2人も笑顔で挨拶を返してくれた。

その後しばらくは会話をする暇もないくらいアウトからどんどん波が来るので、
波に乗ってはゲット・アウトしの繰り返しを3人で乗り回す完全にパラダイス状態。

しかし1時間くらいすると、ちょうど潮の引き目と重なったのか見る見るうちにサイズダウンしあっという間にスモールサイズに。
それでも短時間とはいえ十分満足していたので、粘ることなくサッと上がって息子とバトンタッチ。

その間に朝から入っていた地元のサーファーの女性と長い波待ちのたびに談笑したりして、
UKのサーフィン事情を聞いたり日本のことを話したり交流を楽しんだ。
当然わざわざ日本からしかも親子でこんなポイントに来るなんてとビックリされた。笑

結局このあと2時間ほどサイズダウンした波を息子と一緒に楽しんだ。
イギリスらしい街の景観を背にサーフィンするというなかなか経験出来ない事をしかも息子と一緒に今回出来たことは本当に格別な思い。
そして、こういった予想できない出会い的な一瞬一瞬を体験できるからこそ、こういったスタイルの波探しの旅は面白い!

朝はサイズが腹胸くらい。コンパクトだがきれいな波が立っていた。サーファーはわずか2人。

わずか1時間ちょっとでここまで潮が引く。同時サイズも一気にダウン。しかし遠浅小波は息子にとっては最高のコンディション。

イギリスらしい海辺の市街地(観光地)のど真ん中で見つけたサーフポイント。駐車場も朝はそれほど車がなかったが海から上がる頃にはどんどん人も増えて満車状態になっていた。

海から上がったあとはそのままペンザンスの街を少しだけ観光したあと更に南のコーンウォール最南端のPorthcurno(ポースカーノ)というビーチへ移動。
運が良ければ午後にもう1Rできるかなと淡い期待を抱いて向かったのだが南ウネリのサイズダウンは著しく、
さらに到着した頃にはまたもハイタイドの時間帯と重なりビーチが半分以上消えている状態でノーサーフ。

Porthcurno(ポースカーノ)は入り江状の地形になった秘境的な美しいビーチで今回はサーフィンはできなかったが、
ここ一帯も岸壁沿いにきれいなフットパスが整備されていたので、ハイキングに切り替えて周辺を散策。
子どもたちも高度感のある崖の登りにビビりながら小さな冒険を楽しんでいた。

イギリス最南端のポースカーノというビーチ。とてもきれいなビーチだったが残念ながら今回はノーサーフ。もう少し南ウネリがが強く潮が引いていれば波も割れていたはず。

周辺一帯はフットパスや古い町並みにいくつものパブがあったりハイキングするにもとてもいい場所。 ちなみにこの看板の絵の中のビーチにサーファーの姿があるのでやはりサーフィンできる波は立つんだろうなとこれで確信した。笑

崖の上からビーチを望む。海に入っている子供たちが見えるが波打ち際はこの時間ハイタイドでけっこうドン深になっていて危ないなという印象だったが、イギリス人は大人も子供もガンガン遊んでいた。日本だったらまず遊泳禁止って感じの状況なんだけどこういうところでも文化の違いを感じられて面白い。

崖をあがるときれいなフットパスが整備されていた。ここを歩く観光客も多かった。

その後、車に戻るとすでに夕方4時近くになっていたのだがまだ今日のキャンプ場は決まっていない。

すぐに近くのキャンプサイトをグーグルマップで検索すると、ここポースカーノからすぐ近くにトリーン・ファーム・キャンプサイトというキャンプ場を発見。
ホームページを見ると雰囲気も良さそう。そしてここも予約は電話でとのことだが10分で行ける距離だし直接現地で確認をしようと向かう。
到着するとやはり落ち着いた雰囲気で自然を感じられるファームキャンプ場で、アットホームな感じの良いスタッフに今日の宿泊は可能かと聞くと「Sorry. today is fully booked. 」とのことでNG。。
ファームキャンプサイトであれば当日予約でも大丈夫!と勝手な自信を持っていただけに、まじかーとがっかりしていると、
続けてスタッフが「ここのすぐ下にあるパーキングなら泊まれるよ。隣に公衆トイレもあるよ。」と教えてくれたのでさっそく行ってみると、、

そこが驚きの素晴らしいロケーション!広くてきれいな芝生の隣は馬の放牧場、その向こうには海が見えるというナイスビュー。
しかもパーキング料金はオーバーナイトでもたったの5ポンド(約700円)!迷うことなく今夜の寝床に決定!

もし先にキャンプ場に直接行かずに電話で予約確認してたらまずこれなかった奇跡の場所。
そんな思いもよらない偶然にめぐりあえたりいちいち奇跡を感じたりできるのもノープラントリップならではの面白さかもしれない。

このキャンプ場、、いやいやパーキングには同じようにこの穴場スポットを知っているキャンパー達がすでに数組いて、それぞれ眺めのよい隅の方から陣取っている様子。
自分たちもまだ空いている海側の隅のスペースに車を停めてさっそく夕食を作りながら、キッチンドリンクタイムを楽しむ。

子供たちは広い芝生でサッカーをしたり、間近で馬を観察しながら夏休みの絵日記に書いたりとこの空間をめいいっぱい楽しんでいた。
平和な時間がゆっくりと流れる最高のひととき。

結局このパーキングはあまりにも気持ち良すぎて次の日もここで宿泊した。

広くてきれいな芝生の公共パーキング。子供たちは広い敷地を目一杯使ってサッカーを楽しむ。途中でイギリス人の小さな男の子が混ざってきて言葉はお互いに解らなくても楽しそうに遊んでいた。

すぐとなりが馬の放牧場になっていて時々かわいい馬の親子が自分たちの車のすぐ隣まで来てくれる。

夏休みの宿題の絵日記に馬を書く息子。

ちなみに、このパーキングではオーバーナイトが認められているが注意書きをよく見ると「NO SLEEPING」と書かれていた。
やはりあくまでも車中泊はだめという上で地域の住民も含めてここは暗黙の了解というかグレーが認められてるような感じ。
こういった感じのパーキングは他にもイギリス国内にいくつか点在していて、VAN LIFE愛好家の中には情報を集めてそういったところを回ったりしながら旅している人もいるみたいだ。
ただこういったパーキングにはトイレはあっても、シャワーや水を汲むことは出来ないので、
やはり間にキャンプ場宿泊は挟まないとなかなか難しいなとも思う。

そう思うと日本は無料で泊まれる道の駅も多いし全国どこでも温泉や銭湯もあってお風呂も苦労しない。
多少の水なら公園で汲むこともできるし。(ほんとはダメだけどww)
少なくともUKに比べればすっとVANトリップのしやすい国なんだなと異国に来てやってみてはじめて気づいた。

国ごとの文化や法律によって旅のスタイルも変わるんだなぁ。とあらためて旅の面白さを感じる。

ep.4へ

This Post Has One Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *